Category Archives: 未分類

どうしたら攻撃的な言葉を使わないで済むだろうか

今、世の中にはアグレッシブな言葉があふれている。とりわけ、ネットの世界で強く感じる。心の中に潜む攻撃性は、自分ではそれと気が付かないまま、言葉として現れる。
こういう言葉を聞くと私はとても悲しくなる。

新コロナウイルスの問題でも、政治の問題でも、国際問題でも、経済の問題でも、おしなべて攻撃的な言葉であふれかえっている。
「何故なのか」とか「これがどんな結果を産むか」という事よりも、
このような心を胸の内に抱いている私たち人間の存在が、無性に悲しいのだ。

少なくとも、私自身の中にあるそのような心を静めていたい。
そのために、私はヨーガをする。呼吸法をする。
次の5時間ヨーガで取り上げようと考えている、アーナーパーナサチの研究もそうした試みのひとつだ。

 

活力呼吸法

活力呼吸法
素早くやれば、カパーラバティー
ゆっくりやれば、アーナーパーナサチ

カパーラバティーは、脳を活性化させ判断力、行動力を高めると同時に、不安を鎮める効果があることが、よく知られています。しかも、長時間行う必要はありません。
ただ、出来るようになるには、かなり練習が必要です。これを呼吸体操しながら練習すると、同じ効果が楽に得られます。吐くときに一気に会陰から下腹を絞ります。

アーナーパーナーサチは、お釈迦さんの呼吸法としてよく知られています。これを。呼吸を意識しながら静かに呼吸する方法です。これを続けていると、心が穏やかに安定し、過激な言動や人の心を突き刺すような一言が次第に減少していきます。真実の自己に目覚める瞬間が現れるようになります。
ゆっくりと静かに吐いていく呼吸です。この時、活力呼吸法(丹田呼吸法)の要領で、会陰部周辺から下腹にかけて(ムーラーダーラ~スワディシュチターナチャクラ)に心を置いて行うことが効果を高めます。

不安/恐怖をどう受け止めるか

今、私たちは不安/恐怖の状態に陥っているのではないかなと思う。それは、大震災の時ととても似ているような気がする。私の間違いかも知れないが、……。

大震災の時に、自分のブログに書き続けたことがあった。それは「不安や恐れを抱いている時、どんな考え方をしたらいいのか」だった。

その後にまとめて、amazonのkindle版「三秒間無心術で快適人生」を書いた。しばらくの間、ベストセーラになり、今でも少しずつ読まれているようだ。

たぶん今でも、役に立つ内容だと思います。
読んでいただけたら、幸いです。

ヨーガスートラとバガヴァッドギーター

ヨーガスートラは、すでに悟った人がその立場から、苦悩を取り除く技術を教えるものである。
一方、バガヴァッドギーターは、苦悩する人間が、自問自答し苦しむ中から最後に、心の平安を得て、前に向かって歩む人間の姿が描かれている。


勇者アルジュナが私たちの自我だとすると、クリシュナ神は真実自己そのもの、自我と自己との内的対話だという理解で読むことで、私たちの心に深く刻まれるものが、ギーターだということが分かる。

誰でも容易にそのように読めるが、時にはギーターは戦争や殺し合いを擁護する教えだと、誤解する人も出てくる。
このことについて、きちんとした論証をした人物は、ガンディーである。
関心のある方は、不服従非暴力で独立を勝ち取ったガンディーのことを調べるといいだろう。英語ならネットで、彼の論証を読むことが出来るが、日本語だと「ガンジー」(紀伊国屋書店、ルイス・フィッシャー著、1968年)をお読まれといいだろう。

アーサナはヨーガのおもちゃ

アーサナは、シャカリキになって、体を柔らかくする方法ではない。
そんなことをしたら、それはヨーガ アーサナではない。
それは、単なる体操に過ぎない。
アーサナは、筋トレではない。
アーサナは、美容体操ではない。
アーサナは、健康法ではない。
アーサナは、若返り法ではない。
ストレス解消法でもない。
アーサナは、ヨーガのおもちゃだ。

おもちゃなのだから、遊べばいい。アーサナで遊べばいい。

何かワクワクして踊りたくなった時に、踊るように、アーサナをしよう。
ゆったりと気持ちよい呼吸と共に、気持ちよく動かす。

そして、アーサナ(体位)を楽しむ。
無心にアーサナを楽しむ。

それがヨーガのアーサナだ。

資格

資格を捨てることが出来て、始めて資格は獲得されたことになる。
資格を与えるものは、未熟だから、資格を与えることが出来る。

本当に資格を持つものは、ひとに「資格を欲しい」と言われても「そんなものは、どこにもない」と、当たり前に言えるに違いない。

私は、ヨーガやそれに関係するいかなる意味の資格も、普通云う意味で持ったことはない。
なのに、資格を欲しいと言われると「それならこうすれば、資格証明書を出してもいいよ」ということがある。
それは、私が極めて未熟な証拠である。
少なくとも「そんなものは、世界中どこを探しても、あるわけがない」どうしても欲しければ「ほかを当たることだ」と、さらりと言えるようになりたい。

これは、最小限の希望だ。
これすら超越したところが地平線のぎりぎりのところにようやく見え始めた。

 

バガヴァッド・ギーターを読む カルマヨーガ

私たちの心の中に、いいことをしているという自惚れがあると、
正しいことをしているという自惚れがあると、
その結果を、見返りを、求めることになります。

バガヴァッド・ギーターで繰り返し説いている「行為の結果を捨てよ」ということは、
自惚れが消えた状態になりなさいということかもしれません。
淡々と行うとか、
自然でありのままに生きるとか、
そういうことは、自惚れが消えている状態でしょう。

カルマヨーガの難しさ、困難さは
そのような自分を素直に見つめて、
生活行動を、心を、調えて生きることにあるのかもしれません。

24時間ヨーガ

ヨーガは、アーサナをしているときだけがヨーガではない。

呼吸法をしているときだけがヨーガではない。

冥想しているときだけがヨーガではない。

ヨーガは、24時間すべてが、ヨーガタイムだ。

これをバクティヨガと言う。

これは、禅でもある。

姿勢や呼吸法を忘れて自然体

姿勢が調い、呼吸のリズムができたら、何をどうやってという方法は自ずから忘れます。
自分が納得できている時、体のことは気にならなくなり、自然に心も体も自己のうちに落着きます。

そういう時は、心配事、心をざわざわさせること、気になること、それらは静かに消えて、今自分のすることに心も体も坐ります。
坐って歩ける様になるといえばいいでしょう。

それが自然体です。

体が覚えたら、忘れる。
体が忘れていないか、時々確認する。