Category Archives: 未分類

シャバアーサナ

シャバアーサナは、リラクセーション法ではありません。
でも、難しいので普通は、リラクセーション法として利用しています。
僕がインストラクションするときもそうです。

本当のシャバ―アーサナを説明するときは次のように言っています。
シャバアーサナの意味は、屍のポーズといいますが、まさに屍になることをシャバアーサナといいます。

つまり、死体になりきることです。今この瞬間、屍になってみてください。
屍は「無」の状態ではありません。「空」でもありません。

生きていて、そんなことできますか。だから、極限の難しさがあるのです。
ラーマナ マハリシの体験が 「南インドの冥想」(おおえ まさのり訳、編  大陸書房)の23ページにに書いてあります。以下に引用してみましょう。


1896年7月、マハリシが待ち望んでいた精神的体験が、突然彼を襲った。ラマナは家の一階で人りで座っていた。彼はいつもと同じく健康であったけれども、そのとき突然まごうことなき死の恐怖が襲ってきた。彼は今にも死んでしまいそうに感じた。しかしなぜだかわからないけれども、それに打ち負かされはしなかった。彼は穏やかに、今何をなすべきかを自己に問いかけた。
「今、死がやってきた。それはどういうことなのだろうか? 死につつあるものは何なのだろうか? 死ぬのはこの肉体だ。」
彼はそれから四肢を伸ばしたまま横になり、口を堅く閉じて呼吸を止め、外形上はあたかも死骸が横たわっているかのようになってしまった。いったいこの時マハリシの身には何が起こったのだろうか。マハリシはそのときこのように考えていたという。
「ああ、この肉体が私なのだろうか? 周りは静かでひっそりとしている。だが私は私の個性が力いっぱい溢れているのを感じるし、私の内部にある、肉体とは別の「私」の声を聞き取ることさえできる。従って私は肉体というものを超越した意識なのだ。肉体は死ぬけれども、それを超越しているこの意識は決して死ぬことはない。つまり私とは不死の意識なのだ。」
後年マハリシがこの体験を帰依者たちに語ったとき、それはともすれば一つの論理的思考の過程であったかのように解釈された。しかし彼はそうでなかったことを注意深く説明している。その「私とは意識である」という理解は突然に閃いたのである。「私」とは極めてリアルで、また唯一のリアルな実在であった。こうしたことを彼はすべて直感的に悟ったのである。

引用は、以上です。シャバアーサナとは、このような体験を促すものと考えると、シャバアーサナ(屍のポーズ)と呼ばれる意味が分かると思います。
「南インドの冥想」ほど、ヨーガの本質を分かり易く書いた本はないでしょう。
ぜひ読んでいただきたい本のトップに入ると思いま。

 

マハーバーラタの心 ヨーガの心

マハーバーラタの心
ヨーガの心
それは 
  信念をもって生きよ!
  自分の目標を正しく見極めて、
それに向かって生き抜け
  必ず実現する!

マハーバーラタの英訳本( Kisari Mohan Ganguli, tr. 訳)で、yogaという単語が出てくる部分を調べている。まだ途中だが、yogaという言葉は「様々な登場人物の悩みに答える部分の中に多く出てくる」、そこからにじみ出てくるコンセプトが、上記の言葉だ。

「本当に行き詰まった」「何もかも自信が持てなくなった」
そういう時、社会的立場や環境から、いったん「自分は、本当は何を求め、何をしようとしているのか」に、焦点を当ててみよう。

自分の本心に焦点を当てて、自分中から出てくる答えを読み解くとき、不思議な確信を得る。その確信が、上記の言葉の中の「心」の意味だ。
Yogaの心は、他の何物でもなく、まさにこれなのだとわかる。

未知の力

道端や庭に生い茂る雑草。
それがどんな植物かなんて、考えたこともない。
当然、写真を撮ることなど思いもつかないできた。

最近、古い薬草図鑑をみていて、
雑草の中には、とんでもないすごい薬効のあるやつがたくさんいると知った。
いくら摘んでも、毎年花が咲き、実をまき散らす。
困ったものだと思っている、そういう雑草に、すごい薬効があったのだ。

日常生活の何気ない出来事の中に、
特別なことは何もないような日頃のおしゃべりの中に、
これといった取り柄があると思えないような自分のなかに、
誰かの役に立ちたいと思っても、なかなかできない自分の中に、
未知の力が眠っているのかもしれない。

雑草の中に未知の力が眠っているように…!

インストラクター : 人に教えるのではなく

ヨーガのアーサナ、呼吸法、冥想を教えているとき、また、講義をしているとき、

本当は、教えているのではない。

永年、ヨーガをしていてつくづく知る。

インストラクターは、自分に教え、自分言い聞かせるものだと、。

教えているつもりでいる時は、本当に教えていないのだ。

教えていないときに、真実は自然に伝わる。

どうもそういうものだ。

 

いのちとは喜びの波動

波動は、体と心の共鳴。

いのちとは、喜びの波動。

冥想で、内なる世界の深淵にたどり着くと、内なる世界から湧き上がるなにものかが自我に接触する。

その時自我は、静かな喜びの波動を感じる。

その喜びの中から、新しい何者かが実現していく。

これは、思考、つまプラス思考というものではなく、思考を超えた、命の波動だ。

 

 

 

生きがいがわからなくなったとき

こんな質問がありました。
「私は、生きがいについて、気にしたことがありませんでした。生きがいは、人生の目標のようなものと思っていたのですが、いつのころからか、生きがいがはっきりしなくなっていました。
生きがいをはっきり感じられるようなアドバイスをいただけませんか」

こういう質問を若い方から、時々受けます。
こういう時、私は次のように答えます。
「生きがいは、環境の変化によって変わってしまうことがありますが、身心の成長の過程で変化するものです。
内なる自己が成長することから『生きがい』がわからなくなるのは、当然のことです。
そういう時は、潜在意識から、新しい『生きがい』が現れてくるのを待っていればいいのです。

易経の水天需(すいてんじゅ)という卦があります。
この中に「雲の天に上るは需なり。君子もって飲食宴楽す」という言葉があります。
この意味は「今か今かと雨を待っているときに、雲が厚くなってきました。もうじき、降り始めるのだから、あせらずに、ごちそうでも食べながら待(需 )っていればあなたの願いはかなえられるでしょう」です。

「これは、一所懸命生きている人の自分の立場を正しく理解している人の待ち方です」という意味が付け加えられています。

 

君の魂は何を選び、いかに実行し続けるのか?

「君の魂は、何を選ぶのか? いかにそれを行い続けるのか? 私は無時間(無限時空)の世界で、それを見守っている。」
バガヴァッドギーターで、クリシュナが今語るであろうことを要約すると、こうなるに違いない。

“What does your Soul choose? How do you keep doing it? I am watching over it in a timeless (infinite space-time) world.” To summarize what Krishna would say now in Bhagavad Gita, it must be.

坐禅と冥想とは何が違うのだろう

独坐大雄峰という言葉がある。碧巌録にある百丈禅師の言葉だ。
また、道元の只管打坐はよく知られている。姿勢を正してただ坐っている状態は、お釈迦様の悟りそのままだ、というような意味だ。

禅では結跏趺坐、あるいは半跏趺坐が正式だけど、正坐でも、胡坐(スクアーサナ)でも、とにかく坐った瞬間、それが正しく坐れていれば、それだけで体と心がどっしりと落ち着く。
坐禅とは、これだけの事だ。

一方、冥想は厄介だ。心(マインドあるいはチッタ)を何とかしなければならない。

私は、坐禅のシンプルさが好きだ。

 

熱中症とコロナ

今年の夏は、熱中症が心配されている。つまり、マスク着用が熱中症になりやすいと。

ところが、熱中症の症状がコロナの症状とよく似ていることで、紛らわしい。そういう注意を喚起するサイトがあった。
何が似ているかというと、「全身倦怠(けんたい)感、頭痛。吐き気や食欲がないといった消化器症状。筋肉痛、関節痛、発熱」である。
この文面を読んで、皆さんはどう感じるだろうか。
私は、セリエのGAS(汎適応症候群)を思い出した。

セリエは、「病気、そして毒や過労、人間関係の不和、けが、やけどなど刺激を受けるとその刺激に対して人間は、非特異的に反応する」というストレスの概念の基本を世に示した人だ。

ヨーガというのは、まさに様々なストレスに対して身心が疲弊していくのを非特異的に防ぎ、適応能力を高めるものだ。

このストレス学説は、西洋科学が産んだ概念だが東洋的な身心思想に通じる重要な学説だ。

ヨーガに興味を持って、これを続け、また人にもこれを伝えようとする人は、セリエの事を詳しく勉強しておく必要があるかと思う。
その理由の一つに、彼が最初に学生時代に抱いた疑問を最終的に解き明かしていく、姿勢と態度に感動を呼び起こすストーリーがあるからだ。これは、「生命とストレス」(ハンス・セリエ著、細谷東一郎訳、工作舎)に書かれている。
この本は、どんなことでも、研究し、探求をする人には、とても参考になると思う。

 

坐禅の半眼のこと

冥想をしているとき、時々気が付くと半眼になっていることがある。
ヨーガの冥想は閉眼である。半眼は、坐禅だ。

半眼になった時とは、どういう状態か。
体験から得た結論をいえば「抗重力筋がしっかり働いていながら、表情筋などがリラックスしている状態」だろう。「意識が明確で頭がすっきりとしているが、心はリラックスしている状態」ともいえよう。

このことから、2つの事が思い出された。

1.  ハタヨーガプラビティーカの4‐36,37,39に、開眼の冥想の事。4‐41には半眼の冥想の事が書いてある。
つまり、ヨーガの冥想は必ずしも閉眼ではないである。

2. 坐禅の半眼については平井富雄先生が昭和40年代(1970年頃)に、坐禅の脳波研究を詳しく行っている。
坐禅をしているときは、脳はリラックスとしてるが何かの刺激があると直ちに反応する。ヨーガの冥想の場合は、刺激に対して全くの無反応である。関心のある方は、「座禅の科学」(講談社、昭和57年)、坐禅健康法(ごま書房、昭和49年)を読まれるといいだろう。
また、開眼の冥想と閉眼の違いについては、有田秀穂と共著で書いたセロトニン呼吸法の本でも取り上げているので読んでいただきたい。

1 2 3