生きがいがわからなくなったとき


こんな質問がありました。
「私は、生きがいについて、気にしたことがありませんでした。生きがいは、人生の目標のようなものと思っていたのですが、いつのころからか、生きがいがはっきりしなくなっていました。
生きがいをはっきり感じられるようなアドバイスをいただけませんか」

こういう質問を若い方から、時々受けます。
こういう時、私は次のように答えます。
「生きがいは、環境の変化によって変わってしまうことがありますが、身心の成長の過程で変化するものです。
内なる自己が成長することから『生きがい』がわからなくなるのは、当然のことです。
そういう時は、潜在意識から、新しい『生きがい』が現れてくるのを待っていればいいのです。

易経の水天需(すいてんじゅ)という卦があります。
この中に「雲の天に上るは需なり。君子もって飲食宴楽す」という言葉があります。
この意味は「今か今かと雨を待っているときに、雲が厚くなってきました。もうじき、降り始めるのだから、あせらずに、ごちそうでも食べながら待(需 )っていればあなたの願いはかなえられるでしょう」です。

「これは、一所懸命生きている人の自分の立場を正しく理解している人の待ち方です」という意味が付け加えられています。