Category Archives: ヨーガ

血圧測定で分かってきたこと

毎朝、目が覚めてすぐ、私は血圧を測ります。
「安静状態」のとき、「自然呼吸をしている」とき、「呼吸法をしている」とき、「ヨーガを始めてから」など、いろいろな条件で何回も血圧を測っています。

始めたのは4年ほど前ですが、続けているといろいろなことがわかってきます。

例えば、次のようなことがはっきり確認できるようになりました。

「ただ頭の中を考えがぐるぐる廻る」ときと、「何かしなければならないことや心配事を考えている」ときと、「意識が身体に置かれている」ときとでは、安静にしていても血圧は大きな違いを持つことです。

心の置き方が、身体に影響を与えていることがとてもはっきりとわかるのです。

意識が身体に落着いているときが、血圧が低く安定しているのはもちろんです。
その様な状態になるには、呼吸法がいいけれども、ヨーガはもっといいことがわかりました。
ヨーガでは、もちろんしっかり呼吸法をしながら行います。
ヨーガを10分から15分ほどしていると、自然に身心が落ち着きます。

このようなことをいろいろと調べているうちに、はっきり分かって来たことは、日常の生活活動では、考えていることと行動がマッチしている時は、身体の内部環境も安定していい状態になることです。

思ったことが上手く行かないような状態が続く事は当然よくありません。
そういう時は、何でもいいから行動を起こす事が大切です。

行動することで意識が切り替えられて、行動と意識がマッチングしやすくなるのです。
そして身体状態も良くなります。

その最善の方法は、ヨーガや呼吸法だと確信できるようになってきました。
意識が身体に落着き、次なる行動と思考のアイデアが生まれるからです。

とはいえ一日が始まり生活が流れているときにヨーガをするのは難しいので、普段に最も現実的で効果があるのは、三秒間無心術がもっともお勧めということになりました。

ブーラーナとか気というのは情報の流れのこと

普通日本の呼吸法は、止息ということをしません。
せいぜい、密教の呼吸法の中にある程度です。

ヨーガでは、一般的に止息が行われます。
吸って止めることをクンバカと言い、吐いて止めることをレーチャカ・クンバカと言います。

クンバカはプラーナ(気)を体内に溜めるという意味があります。
プラーナでも気でもいいのですが、これらの言葉は一般的な理解ではエネルギーという意味に使われます。

しかし私は、エネルギーではなくプラーナとか気というのは「情報の流れ」だと考えています。

「流れ」ということは、固定的な情報を意味しているのではなく、いのちがいのちの目的に応じて働いている働きを造りだしているという意味です。
働いているということは、変化し続けているという意味でもあります。

例えば、DVDプレーヤーは電気のエネルギーで動きます。
しかし目的の映像を観るにはDVDメディアにその映像の情報が記憶されていなければなりません。
記憶されているものが、必要なタイミングで使われることで、ディスプレーに映像が映し出されます。

またたとえば、生命を維持するには酸素と食物といったエネルギーがなくてはなりません。
でも、人間が人間として成長し活動するためにはDNAと呼ばれている遺伝情報の中に組み込まれていて必要な時に必要なタイミングで、DNAの情報が発現しなくてはなりません。
遺伝子発現ですね。

この意味でいうと、プラーナとか気とかをどんなに使っても疲労を感じたり、それでおなかがすくということはありません。
優れたヒーラーは、一日に何十人と治療しても「疲れない」と言います。

情報の流れで治すからです。

もちろん活動しているいのちはエネルギーを使って生きているので、エネルギーを消耗するし、廃棄物も出て疲労していきます。
でも、「いいプラーナ(気)」によって効率よくエネルギーが使われるなら、疲労することが少なくなります。

行き詰まっているときに、アイデアを沸かして困難を打開させてくれるのも「プラーナ」によるものです。

つまり私たちが、生活や仕事で目的に向かって歩ませそれを効率よく進めるには、エネルギーではなく、情報の流れを調えていくことが大切で、それを実現する上で呼吸術が大変役立つということになります。

3秒間無心術の意義は、ここにあります。

血圧は意識と連動して敏感に反応する

血圧は意識の置き方に敏感に反応します。
考えている時は高く、体に意識を置いている時は低い傾向が、顕著にみられるのです。

意識の置き方を変えるだけで、高下するのです。

もちろん、高い水準の時と低い水準の時とあります。
その時の血圧の水準の中でも、意識の置き方による高下は大きいのです。

興味深いことは、いいことでも悪いことでも考えているという点で、血圧においては似たようなものです。
プラス思考だろうが、マイナス思考だろうが、同様です。

とはいえ、呼吸法とヨーガをしていると、水準は低くなります。
私は、朝起きて、約一時間半、呼吸法・ヨーガをします。
その間、48回血圧測定しての結論です。

意識の置き方の変化は、本人にしかわかりません。
優れた医者や研究者がいても普通は調べられないでしょう。
もちろん、脳波や光トポグラフィーなど最新の装置をつかえばわかるようになるでしょうが簡単ではありません。、

我々はなおさらそんなことはできません。

でも、血圧測定と心の置き方の観察だけで、心と体が一つのものであることがよくわかってきます。
心と体が一つの存在として生きている。それが私の体だということがわかってきます。
つまり、全機性的存在だと。
自分でこのことがわかってくると、「やはり、ヨーガはちゃんとしたやり方をしなければ」と思います。
続けることが大切だと思います。

心を伸ばし柔軟にしたければストレッチングではだめ

体を伸ばしたいだけなら、ストレッチングでいいでしょう。

心も伸ばし、柔軟にしたければ、ヨーガでなくては駄目です。
ヨーガでは、心と呼吸と体と一つにして行うからです。

体を伸ばしたいとか、凝りを取り除きたいだけなら、ストレッチングをすればいいでしょう。
テレビを見ながらでもできます。

ところが、心を伸ばし、心をゆったりと柔軟にしたいなら、ヨーガじゃなくては駄目です。

私の教室でも、開脚ができないので、足が広がるにはどうしたらいいかということがしばしば話題になります。
そんな時は、毎日練習をすればいい。
「それは、テレビでも見るときにすれば、いいでしょ」
ということになります。
みなさんにもそういうことをお勧めしています。

でも、それはヨーガをしているのではありません。
ストレッチングです。

ヨーガをするときは、足が広がらないとか、もっと広げようとか、そんなことを考えているのではありません。
ヨーガをするときは、足を広げているときの筋肉の感覚、体感の感覚、全身の感覚を味わいながらそれを呼吸に乗せて、ゆったりと動かして、アーサナの体位をとる。

そういう風にすれば、体は喜んでくれる。
体は柔らかくなってくれる。
筋肉は伸びてくれる。

そう、筋肉は伸ばすものではなくて、伸びてくれるものなのです。

1 5 6 7