心を伸ばし柔軟にしたければストレッチングではだめ


体を伸ばしたいだけなら、ストレッチングでいいでしょう。

心も伸ばし、柔軟にしたければ、ヨーガでなくては駄目です。
ヨーガでは、心と呼吸と体と一つにして行うからです。

体を伸ばしたいとか、凝りを取り除きたいだけなら、ストレッチングをすればいいでしょう。
テレビを見ながらでもできます。

ところが、心を伸ばし、心をゆったりと柔軟にしたいなら、ヨーガじゃなくては駄目です。

私の教室でも、開脚ができないので、足が広がるにはどうしたらいいかということがしばしば話題になります。
そんな時は、毎日練習をすればいい。
「それは、テレビでも見るときにすれば、いいでしょ」
ということになります。
みなさんにもそういうことをお勧めしています。

でも、それはヨーガをしているのではありません。
ストレッチングです。

ヨーガをするときは、足が広がらないとか、もっと広げようとか、そんなことを考えているのではありません。
ヨーガをするときは、足を広げているときの筋肉の感覚、体感の感覚、全身の感覚を味わいながらそれを呼吸に乗せて、ゆったりと動かして、アーサナの体位をとる。

そういう風にすれば、体は喜んでくれる。
体は柔らかくなってくれる。
筋肉は伸びてくれる。

そう、筋肉は伸ばすものではなくて、伸びてくれるものなのです。