坐禅と冥想とは何が違うのだろう


独坐大雄峰という言葉がある。碧巌録にある百丈禅師の言葉だ。
また、道元の只管打坐はよく知られている。姿勢を正してただ坐っている状態は、お釈迦様の悟りそのままだ、というような意味だ。

禅では結跏趺坐、あるいは半跏趺坐が正式だけど、正坐でも、胡坐(スクアーサナ)でも、とにかく坐った瞬間、それが正しく坐れていれば、それだけで体と心がどっしりと落ち着く。
坐禅とは、これだけの事だ。

一方、冥想は厄介だ。心(マインドあるいはチッタ)を何とかしなければならない。

私は、坐禅のシンプルさが好きだ。